カードローン アルバイト

消費者金融カードローンはアルバイトでも作れるという評判は本当?

非正規雇用は借り入れを使えない?

お金の借り入れと言うと、多分多くのものがきちんとした所得のある…所謂正社員向けに作られていると思います。それ自体は当たり前の事だと分かってはいるのですが、それでも不況の最中、本来メインとも言える客層である正社員はどれくらいいるのでしょうか?正直なところ、今働いている場所でも、非正規雇用の方の方が目立つくらいです。

恥ずかしながら僕も一度転職してからというもの、常にアルバイトや派遣みたいな所謂『非正規雇用』でしか仕事をした事がありません。いくら経済を活性化させると国が言っていても変わらず庶民の暮らしは良くなっているとは思えません。給与も上がらず、さらに働き口も目立った変化がないと、何を言われても信じられないと思います。

そして非正規雇用であるがゆえに、大きな出費が発生した場合、毎回苦心してやりくりをしています。でも当然ながら低所得なので簡単にお金が用意できるわけじゃなく、そんな時は借り入れを利用したくなります。そう、本来頼るべき低所得者が頼れないのが融資の姿だと思っていました。僕は借り入れという行為自体に絶望気味だったのです。

お金に困ったとき、僕も比較的金利が低いという評判のある銀行カードローンに申し込んでみたりしたのですが、思うように審査には通りません。ですが、そこで審査が緩く融資してもらいやすいという消費者金融に申し込んでみる事にしました。無事に通過したものの、消費者金融というのは銀行に比べて評判が悪いので、少し心配していました。それこそ、所謂ヤクザ的な人が取り立てに来るんじゃないか、来たとしたらどうしよう…使う前から心配だけが膨らんでいきました。

カードローンなら収入があればOK

ですが、それは余計な心配でした。消費者金融は確かに金利自体は銀行よりも高いですが、リボルビング払いなどで毎月一万円以下の支払いも借入額によっては可能なので、給与が少ない僕でも楽に返していけます。金利が高いと言っても月々の負担が少ないなら、時間がかかっても完済には確実に進めるのです。返済額はトータルで増えるかもしれませんが、返せないと泣きつくよりはよっぽどマシなのは、僕でも分かります。

今は借りた分をじっくり返しつつ、再び正社員の仕事に就けるように努力中です。正社員になれたら、さらに返済ペースをあげていきたいです。そして限度額もより多く、金利も低い枠に申し込んで、より快適な融資を受けられるように頑張ります。

借入先が複数ある多重債務者は、借入先をまとめて返済を楽にしよう

車のローン、スーツのローン、クレジットカードでの日常の買い物の返済、キャッシングの返済など借入にはいろいろなケースがあります。それらのケースが何個も重なって、多重債務者となってしまったら、限度額が高額な銀行系カードローンへすべてまとめて返済しましょう。

まずはカードローンの審査に通らないと借入をまとめることはできません。ですが審査に通れば借入をまとめることができて、まとめることにはさまざまなメリットがあります。カードローンは一般的な消費者金融よりも金利が低くなっています。さらに借入額が増えれば増えるほど、金利は低くなります。金利が低くなるということは、支払う金利が少なくなるということなので総返済額が安くなります。総返済額が安くなるので、月々の返済額が変わらないのに返済は早く終わらせることができるのです。または月々の支払いを減らすこともできるので、返済期間は同じでも月々の支払いを減らすことができます。早く終わらせるか、月々の返済を減らすかどちらにしても複数から借入しているよりも効率よく返済することができます。

金銭的な面でのメリットを挙げましたが、精神的にも身体的にもメリットがあります。複数借入によって月々の返済日が何日もあるとどこの金融機関にいつまでにいくら入金しなければならないということを、毎月何回も気にしなくてはなりません。それが一ヶ所なら返済日が月に一回で済むので気にかけることが減る分、精神的に楽になれます。同じように返済日が何日もあるとそれぞれの金融機関に入金しに行かなくてはなりませんが、まとめてあると1回だけなので入金も一回で済みます。忙しい中わざわざ入金に行く必要がなくなるので身体的にも楽になれます。

このようにまとめて返済することにはいろいろなメリットがあるので、複数借入している人はぜひ申込みしてみましょう。

保証人がいなくても申し込める!銀行ローンを活用しよう!

ちょっとお金が必要になって、お金を借りたいけど保証人の当てが無い、そんなときでも申し込める銀行系カードローンを利用しましょう。銀行系カードローンは申し込みに保証人は必要ありません。

なぜ保証人が必要ないのかというと、カードローンは金融機関と契約した保証会社によって保証されているからです。どういうことかというと、カードローンの借入で返済が滞ることがあれば、すぐに保証会社に連絡され、かわりに返済します。保証会社が保証人の役割をしているのです。そのような仕組みになっているため、申込みの際に保証人や担保を用意する必要がなく、簡単に申し込むことができるのもカードローンのいいところです。

しかし保証会社が弁済してくれるからといって、返済が滞るようなことがあってはいけません。消費者金融などでは返済が遅れても延滞利息や遅延金が発生するため、数日くらいは大丈夫だったりします。それが銀行系カードローンでは一日でも滞ると、新規に借入をできなくされ、保証会社に連絡され弁済されてしまいます。カードローンは審査基準や返済期日に厳しいぶん、金利が安くなっています。急にもう借入できなくなるのも困りますが、保証会社による弁済はもっと大変です。今までカードローンで低金利で借入していたものは、保証会社に保証会社の新しい金利で借入したものになってしまうのです。金利が上がった分、月々の返済額は上がることになります。もともと返済が苦しくて返済を遅らせてしまったのなら、もっと苦しくなりますし、ただ忘れていて返済が遅れてしまったなら、本当に後悔するでしょう。

返済期日はきちんと守って上手に利用しましょう。そして万が一返済に困るようなことになったら、黙って返済を遅らせたりせずに金融機関に相談に行きましょう。

カードローンの返済に困っている人へ、5つの返済アドバイス

急に病気になってしまったり、仕事が減ったりなどで収入が減ってしまうことや、お金が必要になって借入が増えてしまい返済額が増えてしまうことで月々の返済に困っている人に5つの返済アドバイスがあります。

まず一つ目は各カードローンのホームページにある返済シミュレーションを活用してみましょう。返済シミュレーションは、月々いくらくらい支払えばどのくらいで返済が終わるか、またこのくらいの期間で返済を終わらせるには月々の返済をいくらにすればいいかなど自分の好きな数字を入力して何度でも無料で簡単に調べることができます。毎月の支払いをいくらくらいまでなら支払えるかでいろいろシミュレーションができるので利用してみましょう。返済シミュレーションは借入前や返済に困る前にも活用すると、無計画な借入を防ぐことができるので返済に困るような事態にならずにすみます。

次に二つ目は複数から借入している人はおまとめローンを活用しましょう。まとめることで金利を減らすことができるので月々の返済額が少なくなります。月々の支払い額を減らさずに返済すれば早めに返済を終わらせることができます。審査に通らないと利用することはできませんが、おまとめローンにはメリットがたくさんあるので一度申し込みしてみましょう。

さらに三つ目は加入している生命保険から借入して返済しましょう。生命保険からの借入のほうがおまとめローンと同じで金利が低くなります。生命保険から借入できることを知らなかった人は加入している生命保険に相談してみるといいでしょう。

そして四つ目は支出を減らすことです。つまり節約しましょう。光熱費はほんの少しのように感じますが、年間でまとめると数千円以上の節約をすることができます。数千円となるとけっこう大きいですよね?電気の節約はつけっぱなしにしない、エアコンなどの待機電力の高い家電は使わないときはコンセントを抜く、冷蔵庫に物を入れすぎない、家電の買い替えの際は省エネタイプのものを選ぶなどでできます。水はシャワーや歯磨きのときに出しっぱなしにしない、お風呂のお湯は洗濯や床掃除等に再利用しましょう。ガスは煮物は圧力鍋を使用したり保温調理法を活用したり、火の通りにくいものは電子レンジで加熱してから加えるなどするとガスの使用時間を短くすることができます。さらに外食を控えてお弁当を持参するなどして食費を抑えましょう。お酒を飲む人はコンビニでは買わずにスーパーなどで買うようにしましょう。箱で購入するほうが一本当たりは安くすみますが、家にあると飲んでしまう人には逆効果ですので、毎日飲む分だけ購入するようにしましょう。

最後の五つ目は家計簿をつけるようにしましょう。家計簿は無駄な支出を一目で判断することができます。毎日つけるのは面倒に感じるかもしれませんが、最近はスマートフォンのアプリでレシートの写真を撮るだけで記録できるものもあります。家計簿をつけていると毎日の支出の流れをきちんと把握できるので、計画的にお金を使えるようになるのに役立ちます。

簡単なアドバイスですが、簡単だからこそ実践しやすいことです。特に支出を抑えて、お金の流れを把握しておくことはこれからのやりくりにも役立つので頑張って節約、記録をしましょう。

カードローンを利用停止にしてしまう、やってはいけない2つの行動

せっかく審査に通って便利に使っているカードローン、利用停止になって困りたくないですよね?カードローンを利用停止にしてしまうやってはいけない行動とはどんなものでしょうか?

まずすぐに利用停止になってしまう一番やってはいけないことが滞納です。滞納すると数ヶ月でカードローンは利用停止になってしまいます。滞納による利用停止は今後の信用問題にも関わってきます。その後のカードローンは申込みしても数年間は審査に通りませんし、住宅ローンの申込みも断られる原因になります。若い頃にまぁいいやと滞納してしまったことが、のちのち家庭を持ってから困ることになるかもしれないので滞納は絶対してはいけません。もし返済に困ってしまったら黙って滞納せずにすぐに借入している金融機関に相談しましょう。金融機関から連絡がきているのに面倒だからと無視してしまわずに、返済の意思をきちんと示して誠意をもって対応しましょう。

そしてきちんと返済はしていて一度も滞納したことがないのに利用停止になってしまうこともあります。それは借入して返済して、借入して返済してを繰り返し、長期にわたって借入額がへらない場合です。例えばカードローンを作ってすぐに限度額100万円まで借入したとします。きちんと毎月3万円ずつ返済していたけど、残額が80万円まで減った時点でまた20万円借入して100万円まで借入してしまいます。そのように少し減るとまた限度額いっぱいまで借入することを繰り返し、10年間で100万円の借入が結果的に全然減っていなかったら金融機関の判断で利用停止になってしまいます。これはカードローン申込み時の審査に落ちるのと同じことで、金融機関が返済能力がないと判断してこれ以上の借入をさせないようにします。

どちらの場合にしても計画的に利用していれば起こらないことです。返済のあてのない借入はしない、使う予定以上の無駄な借入はしないなどできちんと利用しましょう。もし返済に困ることがあればすぐに借入先に相談するようにして、返済が遅れないようにしましょう。

好きな時に簡単に借入できるカード選びのポイントはATMにあり!

自分の好きなときに、近くのコンビニで簡単に借入できる便利なカードローンですが、自分に合ったカードローン選びのポイントはATMにあります。

自分が借入したいと思ったタイミングで近くに借入できるATMがなかったら、便利とはいえないですよね?よりいっそう便利に使うために、便利に使えるATMのカードローンを探してみましょう。例えば自宅の近くや、職場の近く、通勤に使う駅の近くなどです。毎日よく通る場所や、お昼休みや仕事のあとに行きやすい場所などがいいでしょう。金融機関の支店だけではなく、無料で使える提携しているATMはコンビニなどにも設置してあります。金融機関以外の場所にも目を向けると探しやすくなります。いつも使っているATMがあれば、使い慣れた場所を選ぶのもいいですね。

さらに仕事での出張が多い人や、趣味が旅行の人は借入したいときが地元ではないこともあるでしょう。むしろ外出先のほうが借入したいタイミングは多いかもしれません。そういう人は提携しているATMが全国にあるカードローンを選ぶといいでしょう。全国であまり知られていないカードローンよりも、よく知られている大手のカードローンのほうが使えるATMは多くなっています。よく行く場所がある人は、その場所にATMが多いものを選ぶのもいいでしょう。

カードローンで借入すると金利がかかるのに、さらに借入や返済で手数料を取られたくないですよね?なので無料で使えるATMの数はカード選びの重要なポイントです。

借入の過払い請求は弁護士や司法書士に頼らずに自分でできる!

すでに返済が終わった借入で支払った利息を払いすぎていたら、過払い請求をしてみましょう。過払い請求とは払いすぎた利息の返還を求める請求で、弁護士や司法書士に依頼することも多いですが、自分で請求することもできます。

まず借入していたカードローンに取引履歴の開示請求をします。取引履歴とはいつどこでいくら借入して、いついくら返済して、金利をいくら支払った等のこれまでの取引の情報になります。開示請求とはその取引履歴を見せるように依頼することです。取引履歴の開示請求をされれば、相手も過払い請求のスタートだとわかるので、できれば開示したくない情報ですが、個人情報保護法で開示が義務付けられているので、開示請求を断ることはできません。取引履歴の開示請求は窓口や電話で受け付けていて、電話一本で郵送してもらえることもあります。

そして取引履歴を手に入れたらそれをもとに引き直し計算をします。引き直し計算とは、それまでに支払った利息が正しい金利で計算されていたかを確認する計算です。引き直し計算をすることで、本当に過払いがあったのかを確認することができます。引き直し計算の方法はネットにフリーソフトがあったりするので、それを活用しましょう。

引き直し計算で、過払い金があることが判明したら過払い金返還請求書を送付します。これは相手に届いたことがきちんと記録されるように、内容証明で送付します。ただし、これを送ったからといって相手がすんなり過払い金を返還してくれるわけではありません。ほとんど無視されることが多いようです。過払い金返還請求書のテンプレートもネットで無料ダウンロードできるので探してみるといいでしょう。

過払い金請求書を送付したら、和解の要求があるかもしれません。和解で過払い金の一部が戻ってくることで納得するか、もう少し時間をかけて裁判をして全額戻してもらうかはそれぞれの判断になります。もっと詳しい過払い請求の情報はネットや本などでたくさん紹介されています。裁判まで進んだ場合も個人で手続きができるように詳しい体験談が掲載されているホームページもあるので、ぜひ参考にしてみてください。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

カードローンの返済が払えない!そのとき起こすべき5つの行動

滞納しないために、カードローンの返済が払えなくなったら起こすべき5つの行動をご紹介します。

まずは親に借りれないか聞いてみましょう。なかなか親に聞きにくかったり、頼りたくない気持ちもあるかもしれませんが親に借りれば金利がかかりません。滞納して困るよりは親に借りましょう。友人にお金を借りるのは気軽に聞けていいかもしれませんが、友人を失いたくなければ友人との金銭の貸し借りは一生しないほうがいいでしょう。親に借りれたら親だからと甘えずにきちんと返済することで、親も安心しますし今後また何かあったときに助けてくれるでしょう。

親には絶対に頼れない人は勤務先に相談してみましょう。お給料の前借くらいですむのなら、前借させてくださいと相談するといいでしょうし、借入額をまとめて勤務先に借りれれば給与からの天引きで返済ができるので、返済に困ることがなくなるでしょう。給与から天引きになれば手に入る金額が少なくなるので、足りなくなってまた借入してしまうことがないように生活することが大切です。

借入先が複数あって親にも勤務先にも借りれなければおまとめローンを申し込みましょう。借入先を一ヶ所にまとめることで金利が低くなるので月々の返済額を減らすことができます。借入先をまとめることで総借入額が大きくなってしまい返済に不安もあるかもしれませんが、おまとめローンにはいろいろなメリットがあるのでぜひ申し込みしてみましょう。

そして家計を見直しすることも大切です。必要以上に支払っている生命保険はありませんか?あまり乗らない車やバイクを持っていませんか?大きな持ち物ほど本当に必要かよく検討しましょう。どうしても車が必要な場合は、車を軽自動車やエコカーに変えると維持費を減らすことができます。そして携帯電話はずっと同じ料金プランのままだったりしませんか?購入した時に契約したままのキャッチホンや留守番電話なども使っていないのに契約したままでずーっと料金を支払っていることもあります。それに携帯電話各社からは新しい料金プランが次々に発表されています。家族割引などもあるのでお持ちの携帯電話会社に相談しましょう。

最後に節約の楽しさを知りましょう。例えば食費を月に15000円と決めて、それをきちんと達成できればもっともっとやる気が出てきます。いきなり一ヶ月の金額を決めるのが難しかったら一週間に5000円とか週ごとに決めてみるのもいいでしょう。金額も最初から低くするのではなく、最初は少し余裕をもって始めると達成しやすいので、次はもっと安くしてみようと工夫も思いつきやすくなります。外食より自炊したり、飲物を持参したり小さなことからできる工夫はたくさんあります。タバコを吸っている人は思い切ってやめましょう。税金がどんどん上がって、喫煙場所も減っていき、体にも毒で、人にも嫌がられ、そうまでして続けるほどの魅力があるかもしれませんが、節約のためにやめましょう。洋服もお店で買うよりインターネットで購入したり、アウトレットで購入したほうが同じ物でも安く買えることがあります。インターネットでの購入に不安があれば、実際の店舗で商品をみてから決めるといいでしょう。

返済に困る前に計画的に利用したいものですが、返済に困ってしまったら滞納しないで済むような努力をしましょう。

かしこく借入!繰上げ返済を活用して金利の支払いを減らそう

カードローンの借入を少しでも早く終わらせたい、金利の支払いをなるべく少なくしたいと誰でも思いますよね?そういうときに余裕があれば繰り上げ返済をしましょう。

繰り上げ返済は早くすればするほど金利が減ってお得になります。どのくらい減るか知りたいときはカードローンに直接問い合わせると確実です。繰り上げ返済の方法はATMでカードローンのカードを使って入金するだけです。ATMの画面に預入や返済のボタンがあるので、それを押してカードを入れて入金します。提携されたATMでは手数料もかからないので簡単に繰り上げ返済することができます。

注意しなければならないのは、例えば毎月20日に自動引き落としで1万円返済しているとします。余裕があったので10日にATMで2万円繰り上げ返済しました。この場合も20日に1万円の返済はしなくてはいけません。繰り上げ返済に通常の返済がプラスされるのです。繰り上げ返済したことで通常の返済を忘れてしまいがちですが、これを忘れると返済が遅れてしまったことになり、遅延損害金や延滞利息なども発生するので気をつけましょう。

繰り上げ返済するときは、いつもの返済の分は残して、さらに余裕のあるぶんだけにしましょう。残額を一括で返済する方法もありますが、残額を一括で返済する際は、金利などが変わってくるので再計算の必要があります。一括返済をする予定のある人はまずカードローンに問い合わせして残額の再計算をしてもらいましょう。一括返済でなくても繰り上げ返済は十分にメリットがあります。余裕ができるように日々の生活をして、なるべく早く返済を終わらせられるといいですね。

安心できるカードローンを見つける3つのポイント

初めてのカードローン、どこに申し込みしたら安心できるか、なかなか自分では選びきれないですよね?ネットでいろいろ検索すればするほどどこがいいのかわからなくなります。そこで自分で安心できる銀行系カードローンを見つける3つのポイントをご紹介します。

まずはやはり名前のよく知られている有名な金融機関を選ぶことです。あまり知られていないところよりも自分が安心できますし、ホームページやお客様相談室もしっかりしています。ホームページがわかりやすく作られているので、借入や返済のイメージが作りやすく利用しやすくなっています。ホームページでわからないことがあれば、電話で質問できるほうが安心ですよね。さらに提携されたATMまで含めると、無料で利用できるATMが多いのも大手のメリットです。

次に自分の給与の振込先の金融機関も安心です。カードローンの返済は毎月1回決まった額が普通預金の口座から自動で引き落としされて返済されます。もちろん返済期日は守らなくてはいけないので、返済日までに口座に入金しておかなくては引き落としされません。引き落としされないと返済が遅れたことになり、借入ができなくなったり、保証会社に弁済されてしまったりします。入金を忘れないという点で、毎月まとまった額が必ず入金される給与の振込み口座は非常に安心できると思います。

最後にどうしても決め切れなかったら直接来店してみましょう。直接来店してみて印象が悪ければ申込みするのは気がひけますよね?逆に印象がすごくよければ、安心して申し込むことができると思います。担当者から借入するわけではありませんが、カードローンは便利に長く使えるものですので、人との相性も決め手にしてみてはいかがでしょうか?

アルバイトでも借入できるカードは利用できる!

カードローンの申込みの際、職業を記入します。職業はカードローンの審査基準において大事なポイントですが、アルバイトでもカードローンは作れます。

まずカードローンの審査に通りやすい職業は、一番通りやすいのが公務員、次いで大手企業の会社員、そして中小企業の会社員、自営業、アルバイト、無職の順番で通りやすいといわれています。この審査で何を知りたいのか?というとその人に返済能力がしっかりあるか?という点です。収入の額よりも安定した収入があるかという点が重視されます。急に職を失って収入がなくなる可能性が低いほうが返済能力が高いと判断されるので、簡単に辞めたり、解雇されたりしやすいアルバイトは返済能力が低いと判断されてしまいます。

しかしアルバイトだから審査に絶対落ちるというわけではありません。金融機関のカードローンは、金融機関と契約している保証会社によって保証されているので最近はアルバイトでも限度額の低いカードローンは審査に通りやすくなってきました。ただし一般的な消費者金融よりも審査の基準は厳しいので、勤務年数が長くて収入が安定しているアルバイトのほうが審査に通りやすいでしょう。勤務年数が短かったり、収入があまりにも少ない場合は審査に通らないことがあるので、何社か同時に申込みすると結果待ちの時間を無駄にしなくてすみます。

審査に通ってカードローンを手に入れたら、いつでもどこでも簡単に借入できるようになります。キャッシュカードで自分の口座から下ろしている錯覚に襲われるかもしれません。借入だということをしっかり自覚して、返済計画をたてて利用停止にならないように上手に使いましょう。